盛岡市清水町の眼科医院です。駐車場10台完備

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症とは

糖尿病性網膜症は糖尿病性腎症・神経症とともに糖尿病の三代合併症と言われています。糖尿病による高血糖が続くと血管はダメージを受けていき全身の動脈硬化が進んでいきます。心臓や脳の血管障害により心筋梗塞や脳梗塞が起きることがよく知られていますが、目に関しても例外ではなく、網膜の血管が障害されて変形したり詰まったりします。血管が詰まることで網膜は酸欠状態になり新しい血管(新生血管)を作って酸素の運搬を補おうとします。新生血管は脆いためすぐに破れて眼底出血を起こします。また網膜にかさぶたのようなものができてそれが原因で網膜剥離を起こすこともあります。網膜は光や色を感じる神経細胞が敷き詰められているいわばフィルムのようなものなので失明につながるリスクがあります。実際に糖尿病性網膜症は成人の失明原因の第一位です。
糖尿病性網膜症は数年から10年くらいの時間をかけてゆっくり進行していきます。進行するまで自覚症状がないケースも多いので糖尿病の診断を受けている患者さんは定期的な眼底検査が必要です。

糖尿病網膜症

【糖尿病網膜症】 網膜の血管が詰まったり出血したりして障害されています。

糖尿病性網膜症の分類

進行の程度によって3つに分類されます。
単純糖尿病網膜症
初期段階です。血糖コントロールがいいと改善することもあります。自覚症状はほとんどありません。
前増殖糖尿病網膜症
単純糖尿病網膜症より少し進行した状態です。新生血管を作り始めます。この時期になると目のかすみなどが出ることもありますが無症状のこともあります。
増殖糖尿病網膜症
進行して重症な段階です。新生血管が網膜や硝子体に伸びていき、硝子体出血や網膜剥離を引き起こします。

4_12

硝子体出血

4_12

硝子体出血を伴う網膜剥離

治療

網膜光凝固術
網膜光凝固術はレーザーが用いられ、網膜の酸素不足を解消、新生血管の発生を予防、すでに出現してしまった新生血管を減らしたりします。光凝固された部分の網膜はダメになってしまいますが他の部分を保護するために必要な治療です。火事の際に延焼を防ぐために建物を壊すことに似ているかもしれません。残念ながら症状の悪化を防ぐ治療であって元の状態に戻せるわけではありません。多くの場合、治療後の視力は不変かむしろ低下します。網膜症の進行具合によって、レーザーの照射数や照射範囲が変わります。網膜光凝固術は早い時期であればかなり効果があり将来の失明予防のために役立ちます。

お気軽にお問い合わせください TEL 019-622-2509 月〜金 8:30-12:30, 14:00-17:30 土 8:30-13:30 受付

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 近藤眼科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.