盛岡市清水町の眼科医院です。駐車場10台完備

ドライアイ

ドライアイとは

ドライアイは涙の量が足りなくなったり、涙の量は足りていても質が低下することで目の表面を十分に潤せなくなった状態です。日本でも800万人以上の患者さんがいると言われています。
特にオフィスワーカーでは三人に一人はドライアイだという報告もあり年々増えている状態です。

ドライアイの症状

  • 目が乾いた感じがする
  • 目が疲れやすい
  • ものがかすんで見える
  • 目の不快感がある
  • 目が痛い
  • 目が赤い
  • 目が重たい感じがする
  • 涙が出る
  • 目がかゆい
  • 光を見るとまぶしく感じる
  • 目がごろごろする
  • めやにがでる

涙について

涙は、油層、水層、ムチン層から成り立っており涙の安定性を保っています。ドライアイの場合この涙の状態が不安定になり、涙が蒸発しやすくなったり、眼表面に傷がつきやすくなります。
涙の構造

検査

シルマー試験
シルマー試験とは専門のろ紙をまぶたの端に5分間挟んで、どのくらいの長さが濡れるかを調べます。
フルオロセイン染色
顕微鏡を使って、フルオレセインという黄色の染色液を使用することで目の表面の状態がわかります。傷があるとその部分の色が変わって見えます。
涙液層破壊時間(BUT)検査
まばたきせずに涙の層がどのくらいの時間で壊れるかを調べる検査です。

どの検査もそれほど時間はかかりませんし強い痛みなどもありませんのでご安心ください。

治療

点眼薬
比較的症状が軽い場合は人工涙液(ソフトサンティア、マイティア)、ヒアルロン酸製剤(ヒアレイン)、ムチンや水分を分泌促進する点眼薬(ジクアス)、ムチンを産生する点眼薬(ムコスタ)で治療をおこないます。
涙点プラグ
涙の出口である涙点に栓をして、涙が出て行かないようにする治療です。この治療が向いているかどうかは症状によります。またデメリットもありますのでご相談ください。
悪化要因を減らす
まばたきの回数を減らすような長時間のPC作業やスマートフォンの操作、車の運転はドライアイを悪化させます。適度な休憩を作業に挟むことが大事です。コンタクトレンズの装用もドライアイを悪化させますのでメガネの使用なども検討するといいでしょう。
上記以外の対策
加湿器を用いたり、エアコンの風が直接当たらないようにする。マイボーム腺を塞ぐような過度なアイメークを避ける。市販されているドライアイ専用眼鏡の使用も目の周りの湿度を上げるのに有効です。また、疲れを取るために目の周りを温めることも有効です。

お気軽にお問い合わせください TEL 019-622-2509 月〜金 8:30-12:30, 14:00-17:30 土 8:30-13:30 受付

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 近藤眼科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.