盛岡市清水町の眼科医院です。駐車場10台完備

白内障

白内障とは

白内障は目のレンズに当たる水晶体が濁ってしまう病気です。糖尿病や薬剤、先天性の病気、放射線、外傷、アトピーによるものもありますがほとんどは老化に伴うものです。自覚症状は無くても検査をすると早い人で40代から見られ、80代ではかなりの方が白内障を持っています。

眼の構造②

水晶体

症状

  • 目のかすみ
  • ものが二重に見える
  • まぶしく感じる

進行すると視力が低下し、メガネでも矯正できません。

治療

初期の白内障は点眼薬で進行を遅らせる保存的な治療もあります。ただ、濁ってしまった水晶体は元に戻りませんので進行してしまった場合は手術を行います。

白内障手術について

白内障手術は顕微鏡を使って行います。麻酔は局所麻酔になりますが痛みはほとんどありません。3mm程度の切開で濁った水晶体を超音波を使って取り出し、人工の眼内レンズを挿入します。最近は眼内レンズの選択肢も増えたため患者さんの年齢や目の状態に合わせて使い分けることができます。
手術後は日常生活にはすぐに復帰できますが、一定期間、処方された点眼薬を使用していただきます。

眼内レンズ挿入眼

眼内レンズ挿入眼のイメージ

入院について

当院は盛岡市でも数少ない有床の眼科診療所です。遠方からご来院いただく場合や日帰り手術が心配な患者様は一泊入院が可能です。

お気軽にお問い合わせください TEL 019-622-2509 月〜金 8:30-12:30, 14:00-17:30 土 8:30-13:30 受付

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 近藤眼科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.