盛岡市清水町の眼科医院です。駐車場10台完備

はやり目(流行性角結膜炎)

はやり目について

はやり目(流行性角結膜炎)はアデノウイルス(8、19、37型など)の感染によって起こる結膜炎です。アレルギー性結膜炎と並んで患者さんが多い病気で痒みはほとんどありませんが眼の痛みが出ることがあります。それ以外に目やにが多く出たり充血したりします。感染力が非常に強いのが特徴で、はやり目の人が目を触った手でモノを触り、それに触った手で目をこすっても高い確率で感染します。タオルなどを介しても感染しますが空気感染はしません。
この病気の潜伏期は約1週間から10日です。片目だけに症状が出てから、数日後にもう一方の目に症状が出ることもあります。症状のピークはだいたい1週間後に来て次第に改善していきます。炎症が強い場合は黒目(角膜)の表面に小さな濁りが残り視界が曇った感じが続くことがあります。濁りはだんだん消えていきますが完全に濁りが消えるまでに数ヶ月かかることもあります。

症状

  • 白目(結膜)の充血
  • 目やにがたくさん出る
  • 光をまぶしく感じる
  • 目がゴロゴロする(異物感)

はやり目以外のウイルス性結膜炎

咽頭結膜熱 
アデノウイルス(3、4、7型など)が原因でプールで感染し、別名プール熱とも呼ばれます。はやり目同様の症状に加えて、のどの痛みや腫れ、38度以上の高熱などの症状があります。
急性出血性結膜炎 
エンテロウイルスが原因で白目(結膜)やまぶたの裏からよく出血します。感染後1〜2日と短時間で発症します。

ヘルペス性結膜炎

単純ヘルペスウイルスに初めて感染した子供に見られることがあります。症状はアデノウイルスの場合と似ていますが両目とも感染することは少ないです。目の周りに水ぶくれ(水疱)が見られることがあります。

治療

ウイルスに対する薬はありませんので、栄養をとることや十分に休息することが大事です。細菌による二次感染を防ぐため抗菌点眼や炎症を押さえるため低濃度のステロイド点眼などを使用します。ヘルペスウイルスに対しては抗ウイルス薬がありますが症状が結膜炎だけの場合、見分けがつきにくいため治療できずに終わることも多いです。

家庭での対応

タオルは別々のものを使いましょう。こまめな手洗いも有効です。お風呂は最後に入るようにしましょう。

登校と出勤について

はやり目と急性出血性結膜炎は学校保健法で第3種に指定されていますので完全に治るまでは登校を禁止することになっています。
咽頭結膜熱は第二種に指定されており症状が消えた2日後から登校できるようになります。
社会人は法律では決まっていませんが集団感染を避けるため、感染したらできるだけ仕事は休むことが望ましいです。
ウイルス性結膜炎は非常に感染力が強いので注意が必要です。

お気軽にお問い合わせください TEL 019-622-2509 月〜金 8:30-12:30, 14:00-17:30 土 8:30-13:30 受付

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 近藤眼科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.