盛岡市清水町の眼科医院です。駐車場10台完備

飛蚊症

飛蚊症とは

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、字の通り「蚊の飛ぶ症状」で、視界に虫などが飛んで見える症状のことです。人によっては、蚊や虫が飛ぶように見えたり、ゴミが飛んで見えたり、また、糸状のものが見えたりします。この様な症状は、白い壁をみたり、天気の良いときなどにはっきり感じられ、目を動かすと同時に動きます。

原因

飛蚊症の原因は、特に治療が必要でない「生理的」なものと、治療をしないと視力が傷害されることがある「病的」なものに分けられます。
生理的飛蚊症
 眼球内には透明なゼリー状の硝子体がつまっています。この硝子体は、99%以上が水分で、わずかに線維を含んでいます。年齢が進むにつれて硝子体が眼球から離れて(硝子体剥離)目の中を漂うことで目の前に蚊が飛んでいるように見えます。硝子体剥離自体は病気ではありませんが、網膜裂孔や網膜剥離をを引き起こすことがあるので注意が必要です。飛蚊症自体は完全に消えることはありませんが慣れてくると、普段はあまり気付かなくなります。

病的飛蚊症

網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎などでも飛蚊症を起こすことがあります。

飛蚊症を自覚したら

多くは生理的なものですが、場合によっては重い病気の前触れであることもありますので飛蚊症を自覚した場合は眼科での検査をお勧めします。

お気軽にお問い合わせください TEL 019-622-2509 月〜金 8:30-12:30, 14:00-17:30 土 8:30-13:30 受付

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 近藤眼科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.