盛岡市清水町の眼科医院です。駐車場10台完備

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは

目にとって網膜はフィルムの役割を果たしますが、黄斑は網膜の中心近くにある視力に一番影響する部分になります。加齢によって黄斑に障害が起こる病気を加齢黄斑変性と言います。

眼の構造①

目の構造

眼底正面図改良版

眼底における黄斑部

以前は欧米に多く日本では少なかったのですが現在は急速に患者数が増えてきて成人の失明原因の第4位です。50歳以上の約1パーセントがこの病気を持っていると考えられています。
新生血管の有無により2種類に分類されます。
萎縮型
加齢黄斑変性で一番多いタイプです。網膜色素上皮がだんだん萎縮していき、視力が低下していくタイプです。
滲出型
数は萎縮型より少ないですが比較的急速に進行するタイプです。脆い新生血管が網膜色素上皮の下に入り込み出血することで網膜が腫れたり網膜の下に液体がたまります。新生血管の発生には血管内皮増殖因子(vascular endothelial growth factor:VEGF)が関係していると言われています。黄斑の中心まで障害が及ぶと急速に視力が低下します。

症状

(1)変視症
中心部のものがゆがんで見えます。周りは正しく見えます。
(2)視力低下
だんだん進行して治療をしないと視力は0.1以下まで低下することが多いです。
(3)中心暗点
視野の真ん中が見えなくなります。
(4)色覚異常
症状が進むと色がわからなくなってきます。

検査

視力検査
アムスラー検査
碁盤の目の絵を見て、格子のどの位置がゆがんで見えるかを調べます
眼底検査
造影検査
静脈から造影剤を注入し新生血管の状態などを調べます。
光干渉断層計(OCT)
網膜の断層を撮影する検査です。三次元で網膜の状態を調べることができるので、黄斑の状態より的確に診断できます。造影剤を使わないので患者さんの負担も少なく頻回におこなえるという利点があります。

治療

(1)萎縮型
残念ながらこのタイプには有効な治療法がありません。
(2)滲出型
治療の目的は視力を維持、改善させる目的で幾つか治療法がありますが、視力が正常まで回復することはほとんどありません。
(VEGF阻害薬)
VEGFを抑えることで新生血管の発生も抑えることができます。目の中に4−6週ごとに2、3回注射します。使用後の診察により効果があれば再度注射します。光線力学的療法との併用も行うことがあります。
(光線力学的療法)
光に感受性の高い物質を点滴して特殊なレーザー機器で弱い出力で病変部を狙い撃ちする治療です。治療後48時間は強い光に当たらないようにする必要があります。
(レーザー凝固)
新生血管が黄斑中心部から離れている場合には強めのレーザーで病変を固めることがあります。
(手術)
最近はあまりおこなわれません。

予防

禁煙
タバコは加齢黄斑変性になる確率を上げます。
サプリメント
ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、亜鉛などのサプリメントが予防に有効と言われています。
食事
緑黄色野菜は有効です。また肉中心より魚中心の食事がいいようです。

お気軽にお問い合わせください TEL 019-622-2509 月〜金 8:30-12:30, 14:00-17:30 土 8:30-13:30 受付

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 近藤眼科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.