盛岡市清水町の眼科医院です。駐車場10台完備

中心漿液性脈絡網膜症

中心漿液性脈絡網膜症とは

目においてフィルムの役割を果たす網膜の中で一番視力に関与する中心部に近いところを黄斑部と言います。

眼の構造①
中心漿液性脈絡網膜症は黄斑部に網膜剥離が発生する病気です。
30歳から50歳くらいの男性に多いのが特徴です。片目だけに起きることが多いのですが時には両目に発生することもあります。
たいていは自然に治ることが多い病気です。

原因

原因は不明ですがストレスの関与が考えられています。それ以外には妊娠時、副腎皮質ステロイド使用などがトリガーになることもあります。
脈絡膜という黄斑部に栄養を与える部位の血管から水分が漏れ出して黄斑部がむくむことで網膜剥離が起きます。

症状

軽度の視力低下や視野の中心が暗く見える、ものが実際より小さく見える、ものがゆがんで見えるなどの症状が出ることがあります。
網膜剥離が治ることで症状は改善することが多いのですが、長期間続いたり何度も繰り返す場合は視力の低下が起きることがあります。

検査

診断のためには造影剤を用いた蛍光眼底造影検査をおこないます。

治療

自然に治ることが多いので経過観察をすることもあります。何度も再発したり長期間治らないような場合はレーザーによる治療を行うこともあります。
ストレスで誘発される可能性があるので規則正しい生活を行うことは再発を防止する上で重要です。

お気軽にお問い合わせください TEL 019-622-2509 月〜金 8:30-12:30, 14:00-17:30 土 8:30-13:30 受付

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 近藤眼科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.