盛岡市清水町の眼科医院です。駐車場10台完備

ものもらい(麦粒腫)

ものもらい(麦粒腫)とは

ものもらいはまつ毛の生え際にあるマイボーム腺や汗を出す腺などに細菌が感染することで起こる病気です。
まつ毛の毛根に感染した場合を外麦粒腫、マイボーム腺の感染を内麦粒腫と言います。

症状

まぶたが赤くなり次第に腫れてきます。最初は軽い痛みやかゆみなどを伴うことがあります。炎症が強くなると痛み、腫れも強くなり、まばたきをしても痛みが出ることがあります。

治療

細菌に対して効果がある抗生物質の点眼や内服で治療します。場合によっては化膿した部分が自然に破れて膿が出てくることがありますが、膿が出た後は回復へと向かいます。化膿が進んで自然に破れない場合は切開して膿を出すこともあります。汚れた手で目などを触らないようにすることも大事です。
コンタクトレンズの装用は控えましょう。
治療期間は通常は1週間程度は必要です。

お気軽にお問い合わせください TEL 019-622-2509 月〜金 8:30-12:30, 14:00-17:30 土 8:30-13:30 受付

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 近藤眼科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.