盛岡市清水町の眼科医院です。駐車場10台完備

網膜剥離

網膜剥離とは

目をカメラと考えた場合、レンズに相当するのが角膜・水晶体であり目の内部にある網膜はフィルムにあたります。特に中心に近い部分は黄斑と呼ばれ最も視力に影響します。

眼の構造①

目の構造

網膜が何がしかの原因で眼球から剥がれてしまった場合にはそこはフィルムとしての機能を果たしませんので症状が進んでくると部分的に見えなくなる視野欠損が起きる可能性があります。
網膜に小さな穴が開いただけの状態を網膜裂孔、さらに進んで網膜が剥がれてきた状態を網膜剥離と言います。

裂孔原性網膜剥離

裂孔原性網膜剥離

症状

網膜自体は痛みを感じませんので無症状のこともありますが次のような症状が特徴的です。
<飛蚊症>
視界の中に小さなゴミのようなものが見える症状で白い壁を見たり目を動かすと同時に動くのが特徴です。
<光視症>
視界の中に閃光のようなものが見えます。
<視野欠損>
視界にカーテンをかけられたように見えにくくなります。
<視力低下>
ものを見る黄斑部に剥離が起こると見えにくくなったり、ものがゆがんで見えたりします。

検査

瞳孔を大きくする目薬を点眼して、眼底検査で網膜の状態を確認します。

治療

網膜光凝固術
裂孔部分や剥離部分にレーザーを照射して固めることで、それ以上網膜が剥がれていくのを抑えます。レーザー照射時間は概ね数分くらいです。
バックリング手術
目の外から網膜裂孔部分を圧迫して網膜裂孔と目の距離を短くした上で網膜冷凍凝固術や光凝固術をおこないます。これにより剥がれた網膜がくっつきやすくなります。
硝子体手術
目の内側から網膜剥離を治療する方法です。剥がれた網膜を押さえるために目の中に空気やガス、シリコンオイルを入れます。

お気軽にお問い合わせください TEL 019-622-2509 月〜金 8:30-12:30, 14:00-17:30 土 8:30-13:30 受付

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 近藤眼科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.