盛岡市清水町の眼科医院です。駐車場10台完備

緑内障

緑内障とは

緑内障とは、目の中の圧力である『眼圧』が高くなることで視神経が圧迫され、視野が欠けたり狭くなる病気です。しかし、眼圧が正常範囲でも「その人にとって高い眼圧」であれば、同様に緑内障の症状が出る正常眼圧緑内障が増えています。初期の緑内障は、ほとんどの場合自覚症状がほとんどありません。しかし進行して失った視野は改善しません。現在、日本での失明原因の第1位を占める病気となっているため早期発見、早期治療が非常に重要になります。

 
しかし、40歳以上の日本人の20人に1人は緑内障を持っていると言われていますが実際に診断を受けている人はそのうちわずか1割です。
40歳を過ぎたら症状がなくとも年に1回程度は眼科を受診して緑内障の有無を調べたほうがいいかもしれません。

視神経乳頭 正常

視神経乳頭 正常

視神経乳頭 緑内障

緑内障の視神経乳頭

緑内障の種類

怪我や副腎皮質ステロイドの副作用、糖尿病などが原因で起こる続発性緑内障もありますが一番多いのは他の原因のせいではない原発性緑内障です。原発性緑内障は大きく2種類に分けられます。
(1)開放隅角緑内障
眼球内の水分である房水の流れ口である隅角自体は開いてるのに、隅角の排水部分が詰まることで、流れが悪くなり眼圧が上昇する緑内障です。また、眼圧が異常値まで上がらないものを正常眼圧緑内障と呼びます。このタイプは、自覚症状がでにくいです。

房水の流れ

房水の流れ

(2)閉塞隅角緑内障
このタイプは隅角が狭い状態となっております。隅角が加齢変化などで完全に塞がってしまうと房水が流れなくなり、眼圧が急上昇します。これを、急性緑内障発作といい、発作を起こすと眼圧が40〜50mmHg以上(通常10〜21mmHg)となります。

隅角閉塞

隅角の閉塞

症状

初期は無症状のことが多いです。
ゆっくり進んだ場合の自覚症状としては視野の欠損がありますが、これはかなり緑内障が進行してしまった状態です。さらに進行すると視力低下、失明につがなることもあります。
症状が急速に進行する急性緑内障発作では眼痛、目の充血、目のかすみ、頭痛、吐き気などに加えて急速な視野欠損が進んでいきます。放置しておくと最悪失明する場合もあります。直ちに眼科を受診して、眼圧を下げる点滴治療やレーザー治療などの処置が必要です。

検査

(1)眼圧検査
目に空気を当てて眼球の硬さを計測します。
(2)眼底検査
緑内障の場合、視神経の眼球からの出口付近にある視神経乳頭という部分が凹んでいることがあります。
(3)視野検査
見える範囲を小さな光が見えるかどうかで確認します。特殊な機械を使用して30分程度かかります。進行度を確認するためにはとても大事な検査です。
(4)隅角検査
眼球内の水分である房水(ぼうすい)の流れが悪くなって眼圧が上昇する場合があります。房水の通り道が狭くなったり塞がれていないかを特殊なレンズを用いて調べます。

治療

前述の通り緑内障は一度発症すると治すことはできません。進行を食い止める、進行を遅くするという治療になります。
(1)点眼治療
眼圧を下げる点眼薬を使用します。1種類の点眼薬で十分な眼圧低下が得られない時は複数の点眼薬を併用することもあります。内服薬を使用することもあります。
(2)レーザー治療
レーザーで虹彩(茶目部分)に孔を開けて目の中の房水の流れを変えます。治療の痛みは軽度で外来でおこなえます。
(3)手術
薬やレーザーが無効の場合房水の排出を促進するために繊維柱帯を切開する手術をすることもあります。

お気軽にお問い合わせください TEL 019-622-2509 月〜金 8:30-12:30, 14:00-17:30 土 8:30-13:30 受付

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 近藤眼科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.